>>千葉市居住支援協議会
千葉市居住支援協議会
1.千葉市居住支援協議会の概要
 
 居住支援協議会とは、「住宅確保要配慮者(低額所得者、被災者、高齢者、障害者、子どもを育成する家庭、外国人市民その他住宅の確保に特に配慮を要する者)に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律(通称:住宅セーフティネット法)」第51条に基づき任意で設立することができる協議会です。

(1)協議会の設立
 千葉市では、住宅確保要配慮者の民間賃貸住宅への円滑な入居支援の促進に関し必要な措置について協議するため「千葉市居住支援協議会」を平成31年3月15日に設立しました。

(2)協議会会則

  千葉市居住支援協議会 会則(平成31年3月15日)(PDF形式)

(3)会員一覧

千葉市居住支援協議会 会員一覧(平成31年3月15日現在) 
会員 
公益社団法人 全日本不動産協会千葉県本部 
一般社団法人 千葉県宅地建物取引業協会千葉支部 
社会福祉法人 千葉市社会福祉協議会 
千葉市保健福祉局 
千葉市都市局 
千葉市住宅供給公社 (事務局)

2.参考情報
 
 (1)総会資料
総会 開催日  資料等 
設立総会  平成31年3月15日

総会資料(PDF形式)

〃    議事録(PDF形式)


3.セーフティネット住宅登録支援開始

空き家・空き室の活用をお考えの大家さんへ

住宅の確保にお困りの高齢者など(住宅確保要配慮者※1)と、賃貸住宅の空き家・空き室をお持ちの大家さんをつなぐ住宅セーフティネット制度が、平成2910月からスタートしています。
※1 住宅確保要配慮者とは、低額所得者、被災者、高齢者、障害者、子育て世帯、外国人などのことです。

大家さんは、住宅確保要配慮者の入居を拒まない住宅(セーフティネット住宅)として、千葉市にその住宅を登録することができます。その登録された住宅の情報は専用ホームページなどをとおして広く提供されます。 

登録は、国のセーフティネット住宅情報提供システムに必要事項を入力していくことになりますが、大家さんから入力方法がわからない、煩雑といったご意見をいただいています。

そこで、千葉市居住支援協議会では、セーフティネット住宅情報提供システム」への登録作業の支援を下記のとおり、実施いたします。(費用は無料です。)

 登録手続き等の詳細及び申請書作成のご依頼、制度内容のご相談などは、千葉市居住支援協議会事務局(千葉市住宅供給公社 TEL043-245-7515へお気軽にお問合せください。

登 録 支 援 受 付 期 間

令和元年12月3日(火)から令和2年1月31日(金)まで 



制度全般について、全国の登録情報を見る。

「セーフティネット住宅情報提供システム」ホームページ


 

千葉市住宅供給公社 千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター1階